×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イギリス旅行が好き。個人旅行でイギリスに行こう。両替について海外旅行保険とクレジットカード

個人旅行でイギリスに行こう。
<メニュー>
  はじめに  
  航空券の手配1
ルートを選ぶ
 
  航空券の手配2
航空券を買う
 
  宿泊の手配1
どんな宿に泊まる?
 
  宿泊の手配2
どこで予約する?
 
  交通の手配  
  ツアーの利用  
  両替について  
  海外旅行保険と
クレジットカード
 
   
   
   
<TOPページへもどる>


両替について


イギリスの通貨はポンド。EUには加盟しているイギリスですが、ユーロには加盟していないので、ポンドです。(現在手元にポンドが余っているねこきち的には、このままユーロには加盟しないで欲しいんだけど・・・。)
2005年2月現在、1ポンド=202円くらい。
イギリス人は、1ポンドが100円くらいの感覚で使っているようなので、日本人にとっては、ものすごくイギリスの物価は高く感じます。


お金の持っていき方には、「現金(日本円orポンド)」、「トラベラーズチェック(日本円orポンド)」、「クレジットカード」といった方法があります。

クレジットカードは、色々な場所で使えて便利ですし、レートも割と良いようです。ねこきちは、大きな金額を支払う必要がある場合(宿代、交通費、レストランでの食事など)は、クレジットカードを使っています。しかし、個人のB&Bや商店などでは使えないところもあるので注意。現金を持たず、クレジットカードだけで旅行することは、個人旅行の場合は、ちょっと難しいでしょう。
しかし、クレジットカード無しで旅行するのも不安です。急な出費にも対応できますし、身分証明にもなります。また、何かを予約する場合には、クレジットカードの番号を聞かれることも多いので、必ず持っていったほうが良いと思います。(クレジットカードについては海外旅行保険とクレジットカードでも紹介しています。)

日本円からポンドへの両替方法
1 日本の銀行で両替する
外貨を取り扱っている銀行で、ポンドの現金、トラベラーズチェック(T/C)の購入が可能です。(取り扱ってない支店もあるので、まず確認を。空港の銀行でも購入可能です。)イギリスで両替するより、日本で両替していったほうがレートが良いようです。
T/Cは発行手数料がかかりますが、盗難にあっても再発行が可能ということもあり安全です。
ただし、T/Cはどこでも使えるというわけではありません。観光客相手の店なら使える場所が多いですが、パブなどでは無理でしょう。また、田舎の町に行くと、全く使えない危険性もあります。両替所、銀行などで、当面使う分を現金に換えてもらいましょう。
ただし、ポンドのT/Cをポンドの現金にするためだけに手数料がかかります!それは馬鹿らしいので、自分の持っているT/Cと提携している両替所・銀行なら手数料がかかりませんので、そこで現金化しましょう。
アメックスのT/Cであれば、アメックスの両替所、またはLloyds TSB銀行なら手数料がかかりません。(2005.10現在の情報。変更の可能性があるので、必ず確認してから両替を。)

イギリス中にはびこっているスーパー、マークス&スペンサー内の両替所(Bureau de Change)では、ポンド立てのT/Cの両替手数料が不要ということです。(※テツさんより掲示板に情報をいただきました。)
ただ、全てのマークス&スペンサーの店舗に両替所があるわけではないので、マークス&スペンサーのサイトで、両替所のある店舗の確認を。


2 イギリスの銀行で両替する
ねこきちはアメックスの日本円のT/Cも持っていきました。実はこれはあまり正解とは言えなかった。
なぜなら、T/Cは、両替に手数料がかかるところが多く、更に、日本円のT/Cでも日本円の現金でも両替レートが同じ、更に、日本で両替するよりも、相当悪いレートだったからです。
しかし、アメックスと提携しているLloydsTSB銀行だけは違いました!レートがものすごく良く、アメックスのT/Cについては両替手数料がかかりませんでした。(同じ日にLloydsTSB銀行では1ポンド=200円、ほんの向かい側にあった他の銀行では1ポンド=210円と言われました。)ただし、これは2005年当時の話です。こうした事情は、刻々変化するので、必ず両替前に確認しましょう。



3 イギリスの両替所で両替する
アメックスやトーマスクックの両替所の他にも、ロンドンの観光客の集まるような場所なら、おみやげもの屋さんの片隅など、いたるところに両替所があります。レートはあまり良いとは言えませんが、よく、「1万円=○ポンド」という表記が店の前に踊っています。レートにこだわらなければ、ロンドンで両替に困ることはないでしょう。
ただし、両替手数料(commission)に注意!一見レートが良さそうに見えても、手数料が高ければ、意味がありません。両替前に、手数料について尋ねましょう。
ちなみに、ねこきちが、ある両替所で手数料について尋ねたところ、窓口のおばさんに「あなたは手数料について尋ねてきた初めての日本人だよ。日本人というのは手数料なんて気にしないと思っていたわ」と言われました。みなさん、無駄なお金を払う必要はないですよ〜。気にしましょうよ〜!!!





クレジットカード

マイルを貯めて
「無料航空券」獲得!
ワールドパークス
VISA カード